image photo

定期借地権ならではの魅力、ゆとりある暮らしを。

「定期借地権付分譲マンション」と「所有権マンション」の違い。

定期借地権は、土地を「利用」して、建物を「所有」する方法です。50年以上の定めた期間において、好立地で、上質で快適な暮らしを叶えます。定期借地権付マンションは、ご自身の資産として、ご売却、賃貸活用、暮らしの変化に合わせて間取り変更やリフォームももちろんできます。相続財産として残存期間を承継することもできます。つまり、期限があること以外は、所有権マンションとほとんど変わりなく暮らすことができます。

利便性の高い立地を、お求めやすい価格で。

定期借地権付分譲マンション「ドレッセ洗足池」は、駅に近く、生活利便性の高い立地に誕生します。土地を購入せず「利用」することで、同じ条件の一般の所有権マンションと比較すれば「ゆとり」ある価格でお求めいただけます。

定期借地権付分譲マンションの疑問にお答えします。

購入する際に住宅ローンは利用できますか?

可能です。

販売会社と提携した民間金融機関において、建物購入価格はもちろんのこと、権利金についても融資対象として住宅ローンがご利用いただけます。また、住宅ローン控除も同様に適用できます。

※住宅ローン控除の適用には、所得・借入期間等の条件があります。詳細は営業担当にお問い合わせください。

他人に売却したり賃貸に出すことはできますか?

建物は所有となるので、売却も賃貸も可能です。

所定の手続きを行うことで、一般の分譲マンション同様に売却や賃貸を行うことが可能です。

相続や贈与をすることはできますか?

可能です。

所定の手続きを行うことで、相続や贈与が可能です。この場合、相続人や贈与を受けた人が借地期間の残存年数を引き継ぐことになります。

管理体制や修繕計画は?

東急グループで管理・修繕・借地管理をサポートします。

「ドレッセ洗足池」の管理は、東急コミュニティーが行います。約50年間という期間の長期修繕計画が立てられていますので、安心してお住まいいただけることと思います。加えて、将来の管理や建て替えを心配していただく必要もありません。

土地の所有者が変わったらどうなるのですか?

東急電鉄が貸主のため、契約条件は変わりません。

「ドレッセ洗足池」は、土地所有者から東急電鉄が土地を借地して、この借地権をお客様に転貸する「転借地権」という形態をとっています。このため、ご購入者にとって土地の貸主は東急電鉄となります。一方、土地所有者にとっても東急電鉄が土地借主となります。東急電鉄が間に入る点で、より安心してお住まいいただけます。

地代(賃料)の月々負担額は固定ですか?

3年毎に所定の改定公式で改定されます。

「ドレッセ洗足池」の地代は、マンションのお引渡し月分から、毎月、各住戸の専有面積に応じてお支払いいただきます。なお、地代(賃料)は土地にかかる公租公課(固定資産税・都市計画税)と、消費者物価指数による変動率を用いた合理的な算定方法で3年毎に改定されます。

権利金は返還されますか?

返還されません。

権利金は、定期借地権の譲受対価、つまり「定期借地権の価格」と考えると分かりやすく、マンションの売買代金の一部となる金銭です。権利金は、借地期間終了時も含め、いかなる場合も返還されません。なお、権利金は販売価格に含まれており、住宅ローンの融資対象となり、住宅ローン控除も適用できます。

所有権マンションとの主なコストの違いはなんですか?

土地に関わる税金が不要になるなどの違いがあります。

「定期借地権付分譲マンション」では初期コストにおいて、土地代金の代わりに権利金や、敷金(借地期間満了時に返還)が掛かります。税金面では、土地は所有しませんので、登記の際にかかる登録免許税や、不動産取得税など土地取得に関する税金が一部不要になります。また、ランニングコストとしては、所有権マンション同様に毎月の管理費や修繕積立金が掛かるほか、地代(賃料)と解体準備金が別途必要になります。土地の公租公課(固定資産税や都市計画税)は土地所有者が負担するので不要となります。