image photo

次の50年、100年に向けて。

3つの環境をデザインする、東急電鉄の住まいづくり。

東急電鉄は田園調布や洗足の邸宅街を開発した田園都市株式会社にひとつの起源を求められます。
本年は、その設立より100周年。創業期から受け継がれてきた街づくりへの想いは、ドレッセの住まいづくりへしっかりと組み込まれています。
「創造性」「居住性」「安全性」の3軸から錬磨を重ね、次の100年を生きる生活舞台をデザイン。
東急電鉄は、街の未来を見据えて、美しく調和する住まいを創造します。

人と街を想う

安全環境のデザイン

参考写真

美の土台を支える、見えない価値を創る

各物件に品質管理の専門スタッフを配置し、自社で一貫したクオリティマネジメントを実施。
東急電鉄は、永く、安心して暮らせる生活環境をお届けするために、品質管理を徹底します。

創造的環境のデザイン

参考写真

誇りを見いだす、生活舞台

住まいを舞台に、住まうひとに誇り高い人生を送っていただけるように。調和する景観。洗練された居住空間。格調高い共用施設。東急電鉄は、舞台の背景となる創造的環境のデザインにこだわります。

居住環境のデザイン

参考写真

個性的であるための、暮らしの器

住宅が、住まうひとの個性を象徴する暮らしの器であるために。東急電鉄は、ニーズを的確に捉えた空間設計と、最新の住宅設備をもって都市生活者の理想をかなえてまいります。

街づくり100周年。
次の100年も選ばれる沿線であり続けるために。

「選ばれる沿線」であり続けるため、渋谷などの大型開発を推進するとともに、沿線活性化に努め、次世代へつながる街づくりを推進し続けています。

history

東急電鉄 街づくりの軌跡

1918年(大正7年)。理想的な住宅地の開発をめざして、明治の実業家渋沢栄一らが、東急電鉄の祖、田園都市株式会社を設立しました。
渋沢栄一が想い描いたのは、日本らしい田園都市。「人は、到底自然なくして生活できるものではない」という渋沢栄一の残した言葉には、東急電鉄の出発点ともいえる街づくりへの想いが込められています。

  • 1922年 洗足田園都市 分譲開始
  • 1923年 発展する田園調布
  • 1953年 城西南地区開発趣意書 発表
  • 2003年 東急多摩田園都市 50周年
  • 2011年 二子玉川ライズ 開業
future

さらなる未来へ。

そして今、次の100年を見据え、
東急電鉄は沿線の活性化に向けた新たな取り組みをスタートしています。

  • 2027渋谷
  • 2019南町田
activation

沿線の活性化をさらに推進。

池上線沿線では、国内外からのさらなる来街が期待できるエリアとして、
駅舎のリニューアルや地域と連携した沿線の活性化を推進しています。

  • 2017戸越銀座
  • 2018五反田
  • 2019旗の台
  • 2020池上

美を装う。

東急電鉄のマンション。

分譲実績

  • ■複合開発プロジェクト
    二子玉川ライズタワー&レジデンス

  • ■都市型タワーレジデンス
    ドレッセ目黒インプレスタワー

  • ■環境創造型レジデンス
    ドレッセ鷺沼の杜プライムフォレスト

  • ■次世代郊外まちづくり
    ドレッセWISEたまプラーザ(建物竣工:2018年7月下旬予定)

  • ■邸宅街低層レジデンス
    ドレッセ田園調布プレゼンス

  • ■駅近定期借地権レジデンス
    ドレッセたまプラーザ テラス

  • ■都市型レジデンス
    ドレッセ用賀

※上記物件は全て分譲済です。